京都で食べよう!季節の和菓子
春の和菓子
わらび餅
水と砂糖、わらび粉から作られるお菓子。その昔、貴族の高級菓子として珍重されていました。
桜餅
京都の桜餅はうるち米をふかして乾燥させた「道明寺粉」を使った生地が特徴です。
夏の和菓子
水無月
6月30日に食べれば半年間の邪気を払うことができるとされています。上に乗った小豆は魔除けの意味があります。
麩まんじゅう
あんこをお麩でくるんだお菓子。笹の葉で包んであります。モチモチふんわりした食感が人気です。
秋の和菓子
栗大福
栗ようかん
その他(秋景色:こんぺいとう)
冬の和菓子
懐中しるこ
葛湯
★京都の行事にちなんだ和菓子(期間限定)
お正月の「花びらもち」
薄く丸い餅にごぼうと白味噌あん、菱餅を重ねて二つ折りしたもので、宮中のお正月のお菓子として作られました。お正月用に店頭にならびます。
端午の節句(5/5子どもの日)の「ちまき」
ちまきというと笹の葉のなかに餅米のご飯が入っているものを想像しますが、葉っぱでお餅を包んだ和菓子もあります。端午の節句にちまきを食べる習慣は、中国の故事にちなんだものです。
祇園祭の「ちご餅」 ※通年購入できます
その昔祇園祭の際に地元の茶店などで振る舞われていたものがもとになっています。厄除招福の意味があるとされています。
http://www.wakasaya.jp/
季節の和菓子を探すならここへ!
(上の全てが揃っているわけではありません)
京都の和菓子については、以下のページでも詳しく知ることができます
紹介した和菓子のなかには季節限定でなく、通年で購入できるものもあるので問い合わせてみるといいでしょう。京都にはまだまだ、たくさんんのすばらしい和菓子があります。修学旅行のおみやげに、ぜひ自分たちで探してみてください。
京都修学旅行ワンダーランド トップページへ