市中心部でありながら大通りから一筋入るとしっとりとした時空間がある───それは町家の家並みが醸し出すものです。洛中にはビルや駐車場で寸断されながらも、江戸後期から大正時代に建てられた京町家が残っており、エリアによって趣の違う町 並みをつくっています。
 応仁の乱の後の京都は、二条を境とする上京と下京(現在の中京区と下京区)の2つの自治都市から成り、上京の御所付近には公家や武家の屋敷町が、北西寄りには織物を主とする職人町ができました。下京は活気ある商工業地で、祇園祭でその繁栄ぶりを見せる町衆のエネルギーあふれる町となりました。当時の面影を残す“西陣織の町 ”と“祇園祭の鉾町”の町家を見て歩き、京都の町の人の知恵や季節感をさぐってみましょう。